発達障害の真相

発達障害は作られた障害である」いう記事が2013年に日本で紹介されました

 

ADHDは作られた病であることを「ADHDの父」が死ぬ前に認める - GIGAZINE

 

日本ではキチガイ医で有名な内海医師が関連した情報を発信しています

巨大な利益を貪りたい製薬会社が作り出したそうで

このことは多くの専門家が指摘しており、詳しいことは記事を読んでください

 

発達障害の1つとされている自閉症ですが

遺伝子組み換え作物を導入し始めた頃から米国では約15倍増加したことが解っています

しかし、マグネシウムといった無機ミネラルを飲ませると、症状が緩和することも解っており

分子矯正栄養学を実践している医師を中心に投薬がされているそうです

 

 

 

 

マグネシウムはカルシウムと関連し合っており

マグネシウムを大量に摂取すると、カルシウムが逆に排出されてしまうので

同時に摂取するように推奨されています

 

注意欠陥多動性障害も無機ミネラルを大量に摂取させると落ち着くことが解っています

統合失調症を治すことができるナイアシンも多動を減少させることで有名です

 

 日本ではこれらの考え方は普及しておらず、何故か批判の嵐なのですが

米国では分子矯正栄養医学の分野で60年近く研究されています

 

 米国と同じように、幼少時から多くの薬を摂取させる日本の社会

脳の影響も考えずに大量に摂取させることに私は疑問を感じますが、それが普通になっているので

 どうしようもなくなっていますが、米国ではしっかりと批判する医師、学者がいるので素晴らしいと思います

 

日本は相変わらずに協調を重んじる国のためか、精神科医の話す言葉をそのまま信じていますね

もし、内海医師のような考えが広まれば、発達障害の見方も変わるはずですが

当分の間は変わらないでしょう

 

世界では着実に精神障害と栄養素の関連性が指摘され始め、分子矯正栄養医学も支持されてきていますが

マスコミが報道しないと絶対に認識を変えないだろうな

 

 

また、数年前にFacebookで内海医師が暴言を吐いていましたが

妊娠期における栄養摂取が今後の胎児の養育に重大な影響を与えるという事実が世界で広がりを見せており

妊娠時にフィッシュオイルを大量に摂取したり、ビタミンとミネラルをしっかりサプリメントで補給する妊婦が

増えてきているのですが、そのことを知っているのでしょうか❔

 

絶対に知らないだろうなと思いました

 

分子矯正栄養医学、分子栄養学などの最新の栄養学の知識を持っていると

彼の発言の真相が見えてはきますが

確かに、何も知らず、権力者の発言をそのまま信じている母親達にはとんでもない発言に聞こえたでしょうね

 

「そんないいかたしなくても…」と問題視する人も大勢いましたから

 

しかし、この問題からもうすでに2年ほどになるんですね

誰もが幸せな人生を送る権利を持っています

そして、ケトン体質のこと、分子矯正栄養医学といった研究が認められるようになれば

もしかしたら、この世から病はなくなるかもしれません

 

そうなる日を願って